ブロックウィジェットについて(WordPress v5.8〜)

48views

ブロックウィジェットについて(WordPress v5.8〜)のアイキャッチ画像

WordPressのバージョン5.8からブロックウィジェットが追加されました。

STILEにてウィジェットを使う際の注意点をまとめています。

デフォルトで入っているウィジェットは削除する

WordPressをインストールした時点で、デフォルトで検索やカテゴリーなどのウィジェットが入っていますがこちらは削除して、管理画面から追加し直してください。

デフォルトのウィジェットでは、テーマのスタイルが反映されないからです。

ブロックウィジェットを使用するには

現状、ブロックウィジェットはあまり使い勝手がよくないため、STILEではデフォルトでは旧ウィジェットでの表示になっています。

ブロックウィジェットを使いたい場合、「外観」→「カスタマイズ」→「共通設定」→「ウィジェットの編集方法」にて、「ブロックウィジェットを使用する」を選択してください。

ブロックウィジェットを使用する際の注意点

WordPress本体のブロックウィジェットでは、タイトルが挿入できません。

ウィジェットにタイトルを入れたい場合は、「ブロックウィジェットを使用する」をオフにして、旧ウィジェットを使用してください。

おすすめWordPressテーマ

No.1
STILE

バナー

デザイン設定が豊富なWordPressテーマ。
プラグインでブロックエディターにも対応。
アドセンスの表示が楽に行えます。

No.2
STILE

バナー

高速化機能でページの読み込みを高速化。
カラー設定が豊富で好みのスタイルにできます。
便利なショートコードも多数搭載しています。

No.3
STILE

バナー

WordPressテーマ「STILE」なら、カテゴリー周りのカスタマイズも可能。
カテゴリー一覧に好きなテキストを表示させたり、カテゴリーカラーを設定して、記事のカテゴリーによって色を変えることも可能です。

この記事を書いた人

WP Avenue開発者

WP Avenue開発者

WordPressテーマ「STILE」の開発者。
Web制作歴、ブログ歴は5年以上。

WordPressテーマ「STILE(スティーレ)」14,300円(税込)

CTA画像

デザイン設定が豊富なWordPressテーマ。
記事執筆が効率化できる便利な機能を多数搭載。
ブロックエディター用プラグインも配布しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × two =