STILEの高速化機能の解説

342views

STILEの高速化機能の解説のアイキャッチ画像

WordPressテーマSTILEにはサイトを高速化する機能がついています。

ここでは、STILEの高速化機能について詳しく解説します。

高速化機能の設定方法

高速化機能の設定は「カスタマイズ」の中にあります。

「外観」→「カスタマイズ」をクリック。

「[STILE]詳細設定」に進みます。

「高速化の設定」に進みます。

ここで高速化の設定ができます。

CSSをインラインで読み込む

CSSをインラインで読み込むをクリックすると、テーマや子テーマ、STILE専用プラグインのCSSがインラインで読み込まれます。

画像の遅延読み込み

画像を遅れて読み込ませます。

画像の読み込みを後回しにすることで、ページ自体の表示速度が速くなります。

jQueryを使わない

デフォルトではjQueryを読み込ませていますが、jQueryを削除することも可能です。

ただし、プラグインや自前のカスタマイズが動かなくなる可能性があるため、上級者向けのカスタマイズです。

よく分からない人は、この項目にチェックは入れないでおきましょう。

Gutenberg(ブロックエディター)用CSSを削除

ブロックエディター用のCSSを削除して、ページの表示速度を速くできます。

Classic Editerプラグインを入れてビジュアルエディターやテキストエディターしか使わないという人はチェックを入れてください。

絵文字関連コードの削除

絵文字を使用しない場合は、こちらにチェックを入れて下さい。

おすすめWordPressテーマ

No.1
STILE

デザイン設定が豊富なWordPressテーマ。
プラグインでブロックエディターにも対応。
アドセンスの表示が楽に行えます。

No.2
STILE

高速化機能でページの読み込みを高速化。
カラー設定が豊富で好みのスタイルにできます。
便利なショートコードも多数搭載しています。

No.3
STILE

WordPressテーマ「STILE」なら、カテゴリー周りのカスタマイズも可能。
カテゴリー一覧に好きなテキストを表示させたり、カテゴリーカラーを設定して、記事のカテゴリーによって色を変えることも可能です。

この記事を書いた人

WP Avenue開発者

WP Avenue開発者

WordPressテーマ「STILE」の開発者。
Web制作歴、ブログ歴は5年以上。

WordPressテーマ「STILE(スティーレ)」14,300円(税込)

CTA画像

デザイン設定が豊富なWordPressテーマ。
記事執筆が効率化できる便利な機能を多数搭載。
ブロックエディター用プラグインも配布しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =