STILEでアドセンスを設置する方法

62views

STILEでアドセンスを設置する方法のアイキャッチ画像

今回は、WordPressテーマ「STILE」でアドセンスを設置する方法を解説していきます。

「STILE」には簡単にアドセンスを挿入できる機能がいくつか搭載されています。

ウィジェットでサイドバーや記事上、記事下などに設置

まずは、サイドバーや記事上、記事下などに設置する方法です。

「外観」→「ウィジェット」にいきます。

ウィジェット一覧の中に「[STILE]アドセンス」というウィジェットがあるので、こちらを利用します。

このウィジェットでアドセンスを挿入しないと、個別記事で表示・非表示が設定できないので注意してください。

サイドバーなどの好きな場所にウィジェットをドロップして、アドセンスのコードをコピペしてください。

PC・スマホの表示させたい端末にチェックを入れてください。

これで保存をすれば、アドセンスが表示されます。

記事内でアドセンスを表示する方法

記事内でアドセンスを表示する方法は2通りあります。

記事内アドセンス自動挿入

あらかじめ設定しておけば、自動でアドセンスを挿入してくれる機能です。

「外観」→「カスタマイズ」→「[STILE]アドセンスの設定」に進みます。

「[STILE]アドセンスの設定」の中にある、「記事中に自動アドセンス」に進みます。

この中のテキストエリアにアドセンスのコードをコピペしてください。

固定ページでも挿入するかどうか、アドセンスを最初に表示させる位置と表示させる頻度を設定できます。

ショートコードでアドセンスを記事に挿入する

記事ごとに記事中アドセンスの位置を変えたいという人は、ショートコードを登録しておくと便利です。

「[STILE]アドセンスの設定」の中にある、「ショートコードで呼び出せるアドセンスコード」に進みます。

これで記事内にショートコードを書けば、その場所にアドセンスが表示されます。

[ads]

記事一覧の中にインフィード広告

記事一覧の中に、インフィード広告を設置することも可能です。

「外観」→「カスタマイズ」→「[STILE]アドセンスの設定」→「インフィード広告」に進みます。

アドセンスでインフィードのコードを生成し、コピペしてください。

どの位置に広告を表示させるかを、数字をコンマで区切って指定ができます。

おすすめWordPressテーマ

No.1
STILE

デザイン設定が豊富なWordPressテーマ。
プラグインでブロックエディターにも対応。
アドセンスの表示が楽に行えます。

No.2
STILE

高速化機能でページの読み込みを高速化。
カラー設定が豊富で好みのスタイルにできます。
便利なショートコードも多数搭載しています。

No.3
STILE

WordPressテーマ「STILE」なら、カテゴリー周りのカスタマイズも可能。
カテゴリー一覧に好きなテキストを表示させたり、カテゴリーカラーを設定して、記事のカテゴリーによって色を変えることも可能です。

WordPressテーマ「STILE(スティーレ)」14,300円(税込)

CTA画像

デザイン設定が豊富なWordPressテーマ。
記事執筆が効率化できる便利な機能を多数搭載。
ブロックエディター用プラグインも配布しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − three =